上田ゼミ 西宮(維新塾) 塾長 ブログ

西宮(武庫川団地 近く)の学習塾 維新塾です。 小学生、中学生、高校生を対象とした、地域密着型の塾です。 電話0798-49-4119

ブログトップへ http://ishinjyuku-nishinomiya.blog.jp/最新のページに移動します。

鳴尾南中、高須中、浜甲子園中のエリアです。バス道にある100円ローソンの北50m。中華一番さんの2階3階。建物に塾の看板は出ていません。  

Tel.(0798) 49-4119 (至急よい塾)

維新塾の(HP)へ http://ishinjuku.com/nishinomiya/

第二学区の18の塾が集まって
各塾に所属する生徒の模試偏差値とその子についた内申を
お互いに出し合いました。入試当日の得点もわかる範囲で。
どこに合格したかの結果も。
(本当の内申は裁判によってしか開示されないので
 中3の2学期の通知表を内申としています。)

偏差値36の生徒に内申点が165だとか、もうびっくり!

あとで西宮の阪急沿線の塾に
「〇〇地域の内申、どう思います?」と聞きましたら
「それね。ちょっと内申が甘い感じだよね。」


(おさらい)
今の兵庫県の公立高校入試は広域学区制になっており
第二学区だと、西宮・尼崎・伊丹・宝塚・川西・猪名川・三田・有馬
をひとつの学区として一律に入試をします。
受験できる高校は34校もあります。

その合否判定点の半分は中学校の先生がつける成績で決まります。
俗にいう内申点です。

まず英数国理社の5段階評価の数字を足して4倍します。
オール5なら(5+5+5+5+5)×4=100点
そして保体・技家・音楽・美術の5段階評価の数字を
足して7.5倍します。
オール5なら(5+5+5+5)×7.5=150点

これを合わせて、9科目オール5の生徒は250点・・・・
と、いうのが内申点です。オール4で200点、オール3で150点
オール2で100点、最低のオール1でも50点なので、0点はありません。

「市西や西宮東に行きたいなら内申220点は取れよ」
などと進路指導の目安に使われる数字です。

この重要な数字を、地域で(各中学で)決めることが
できるのです。

で、さっきの話しに戻るのですが
「〇〇地域の内申、どう思います?」

偏差値36といえばそうとう勉強が苦手な生徒です。
その子が内申165ということは、
五科目はオール3で、美術か何かでふたつ4でしょうか。

話題からはずれますが、注意喚起
内申は保体とか美術のほうが重いのですよ!
五科目のどれかの成績を3から5に2つ上げたとして内申8点アップ
しかし音楽が4から3に1つ下がっただけで内申7.5点マイナス!
塾で英数だけを頑張っても帳消しですよ。

たとえば近隣の最難関である市西、西宮東についてですが
尼崎南部の塾によれば、尼崎市民でこれまで稲園高校を受験
していた層が、武庫川を越えて西宮東を受験しているそうです。
他地域からの越境はふつうに行われています。

この状況で内申に地域差があるのは嫌ですね。
もともと西宮市内でも内申に地域差はあったのですが
この問題、どう解決していくのでしょうか。

昨日、県教育委員会で、これからの高校の在り方を
検討する委員会の一回目が行われたようです。
検討内容を見るに、いよいよ高校の統廃合を検討するのかな。
内申点不公平問題もやってくれないかな。

そのうち議事録が上がると思います。
兵庫県教育委員会のHP、高校教育課のところ






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

西宮市に暴風警報が出ました。

維新塾では暴風警報が発令しているときは休講と決めてあります。

このタイミングで(期末テスト前なのです)休講なんてとは思いますが
仕方がありません。

自分の授業開始時刻の一時間前の時点で解除されなければ、
たとえどんなに晴れていても休講です。
塾での自習も禁止です。ステイホーム。

なお振り替えがないのが原則ですが、テスト前なので変な日に
個別に呼び出されることを覚悟して下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「うちの子、どうもわかっていないみたいで」
「わかれば出来ると思うんですけど」

うーん。 

それはただの練習不足ですよ。

誰かが教えて「わかった!」としても、本人が練習しないと
できるようにはなりません。
むしろ「わからなくても」練習はやるべきで、そのうちに
「なんとなくできる」ようになってきたら
もう一度原理を学べば少しは「わかる」かも知れませんね。


例:分数の割り算では、わる数を逆数に変えてかけ算にする。

 「これの原理は知らない」という大人は多いのでは?
 しかしほとんどの大人は「分数の割り算が出来る」と思うのです。

  「わからなく」ても「できる」でしょう?

「わからない」ゆえに「できない」というのは間違いでは?
成績が悪いとしたら
「わからない」ゆえに「やらない」という考え方が原因なのでは?

「やらない」が最大の悪だと思うのです。

「わからない」を理由にして「やらない」選択をする人は
大人だと社会で生きていくのは困難でしょう。

と、いうことで子どもには
「わからなくても大丈夫だから、習った通りにやれ!」
と声掛けしましょう。

さあ、前へ進もう!

※わからないことを放置したままでいいとは言いません。
 いったん目をつぶってでも進むことを推奨しているのです。
 何もしない言い訳に「わからない」を使うのは最悪ですよ!

※「わからなくてもやる」を曲解されると困りますが
 ナニナニをしてはいけない…などの禁止事項では
 なぜダメなのかわからなくてもやってはいけません。
 ちゃんとした人がちゃんと教えてくれたことなら「わからなくても」
 「習った通りにできるようにしなさい」ということです。
 
 けっしてマニュアル人間を育てたいわけではありません。
 最低限マニュアル人間を演じられる程度にはならないと仕事に困る
 だろうという昭和のオッサンの勝手な危機感の表れです。
 型を知って、身に着けて、そこから新しい何かを編み出すのは 型破り。
 かっこいい!
 型を知らず、何も身に着けず、滅茶苦茶やるのは 型無し。
 かっこわる!
 義務教育では型を習得するべし。

※「やる」→「できなかった(涙)」の場合は →「もう一度学ぶ」です。
 そしてできるまで「やり続ける」のですね。 
 塾はそのためにある! 出来るまでつきあうぜ!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今どきは小学生の塾通いは当たり前になってきているのですが
当地域ではいまだ旧体制のままで、早くから勉強をさせようというのは
少数派です。ところが今年は5年生が例年より多く在籍しています。

その半分ぐらいの生徒がかけ算やわり算の筆算が怪しいのです。
たし算、引き算の筆算すら曖昧なまま放置してしまったようで
復習に相当な期間を見込んでいます。(予習もしつつですよ。)

5年生といえば小数どうしのかけ算、わり算を学びます。
簡単なことですから誰でも「わかる」のですよ。
しかし練習量が足りないので「できる」に至らないのです。
「やる」が足りない!

うちはトレーニング重視なので、さいわい塾に来てくださっている
子供たちは中学までになんとかしますが、練習不足を放置したまま
中学に入学していく子たちの存在が問題になります。
彼らは学校の平均点を下げるので学校の授業レベルに影響を与えるのです。
(地元中は阪急沿線とくらべて平均点がびっくりするほど低いのですよ)

今うちに在籍している6年生は、多くが私立中を視野にいれています。
こんなことも今までになかったことです。うちの生徒で私立中学を
受験するのは例年1名か2名でした。
こうなるとますます地元に残る子たちの平均点が下がります。

私はもともと公立派ですので、公立中進学を前提に何とかしていきたい
のですが、小学生の段階でほぼ勝負は決まるので、

皆さん、気を付けて下さい!

家庭学習で十分なのですよ。ちゃんと家庭学習させれば。
昔ながらの 読み・書き・そろばん です。
塾なんか(!?)いかなくても「やれる」はずです!
計算や漢字のドリルは100均にでも売っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっと学校再開ですね。
6月第一週と第二週の塾の予定は皆様のラインに
送信したとおりです。よろしくお願いします。
6月第三週からは、まだ学校からのアナウンスがないので
塾の予定もまだ真っ白です。


さて7月10日金曜日、維新塾の教室で漢検を実施します。
●時間割 
7・8・9・10級の受験者は 17:30集合 17:50開始
準2・4・6級の受験者は   18:50集合 19:10開始
2・3・5級の受験者は    20:10集合 20:30開始


申込用紙は塾にありますので
受けたい人は6月8日月曜日の午後8時まで
お金を添えて申し込んでください。

維新塾の生徒じゃなくても受けられます。

大人でもOK。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

維新塾は地元の小さな塾です。

学校が休校中は、塾のクラスを分割して少人数にしぼり
運営時間を普段の2倍に増やすことで何とか学習環境を
維持しています。

塾生だけに公開しているサイトにて空席での自習の予約も
できるようにしました。人数制限の都合で2席から4席しか
用意していないのですが毎日のように予約してくる生徒もいます。
(高3になる卒塾生も、家では集中できないとのことで
 維新塾を自習場所に利用したいと連絡してきたので受け入れ中)

授業のほうも順調に進んでおり、幸いすべての生徒が例年通りか、
またはそれ以上まで進むことが出来ています。

以下は中学クラス生の数学の例です。
(うちはクラス指導と個別指導のハイブリッドです)
新中1はほぼ全員が教科書の第一章正負の数は完了しています。
順調な生徒は第三章方程式まで突入しています。
中2は第二章の連立方程式の文章題の簡単なところまで完了、
中3は因数分解(すでに第二章平方根も80%完了)、
夏休みが大幅に少なくなるので、中3は前倒しで受験の理科もスタート
しました。

小学生は全員個別指導です。
新小6は一番遅い生徒で、あと5ページで小学校の算数は終了!
新小5は4年生からの在籍者は1学期分は完了しましたし
コロナ前にギリギリ入塾してきた新小5は、
これまでの弱点つぶしと小5の例年の5月の学習までは完了しました。

さて、これまで新規募集のご案内はしていませんでしたが、
これからは受け入れ可能です。
興味のある方はご連絡をお待ちしています。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今、ニュースで聞きました。

さて維新塾としては、とりあえず明日明後日(4月8日・4月9日)に予定されていたすべての授業を休講とします。それ以降については改めましてご案内を出しますのでお待ちください。

塾自体は開いていますので、用事がある人は電話してください。

(話題のweb授業には対応していますので、すぐにでもご案内できるのですが、この2日間で決めたく思います)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20200319_095358
上の写真は、発表を待つ皆さんです。2階にちょろっと見えている板が合格者の受検番号掲示板です。
午前10時になると、この板が壁面に掲げられます。それを一階から見上げるのです。
大きな字で印刷されているので、ちゃんと見えますよ。




IMG_20200319_104358

上の写真の学校では、地面に掲示板を並べて合格者番号を掲示していました。



◆◆◆

今年も第二学区の塾仲間で調べてきました。

(初めての方へ①)
兵庫県の公立高校入試で実施されている複数志願選抜とは、一度の試験で二つの高校の合否判定を受けられる制度です。出願のときには、第一志望校は〇〇高校、第二志望校は〇〇高校という具合に出願します。第一志望校の合否判定では20点加算して判定してくれますよ。

入試は第一志望校の校舎で受けます。合格発表も第一志望校の校舎で行われます。
自分の第一志望校の校舎に 複数志願選抜合格者 の受検番号が掲示されるのですが、この時点では自分が第一志望校に合格したのか第二志望校に合格したのかはわかりません。

近くにある特設コーナーまで封筒を受け取りに行き、その中の紙を見ると 合格校 が書いてあるのです。

(初めての方へ②)
今年、西宮南高校は定員216名に対し、第一志望での出願者は205名でした。
新聞では 定員216名 出願205名 倍率0.95 と発表されます。
倍率から見れば定員割れなので全員合格じゃん! とか思うのですがそうはなりません。

また地域トップ校である市立西宮では定員240名に対し第一志望での出願294名です。これだけ見ると、54人落ちるのね! とか思ってしまいます。

◆◆◆
実際に市立西宮の合格発表を調べに行きますと定員240名に対し281名ぶんの合格者番号が表示されています。定員240名、受験者294名に対し、合格掲示281名。つまり13人だけが漏れています。この13人は第二志望校を書かなかった人か、書いたけど第二志望校にも落ちた人ということです。
ところで、その13人よりも我々塾仲間が気にしているのは、定員240名に対し合格掲示281名、その差の「41名」という数字なのです。合格者のうち少なくともこの41名は他の高校(第二志望の高校)に合格していることになります。この人数を整理すると、市西41名、西宮東47名、県西42名、鳴尾25名 となるのですが、この合計155名は確実に他の高校での合格となります。この4校で合格掲示は975名ですから、そのうちの少なくとも155名は確実に第二志望校での合格ということです。これは合格者の約16%。逆にいえば84%が第一志望校での合格となります。この計算では,,,ですよ!

しかし市西の超過分41名が東や県西や鳴尾で合格しているとすれば、それらの高校の定員内にも第二志望合格者は多数いることになり、第一志望合格は84%よりは少なくなります。

公表された数字では第二学区全体では合格者のうち88.2%が第一志望合格となっているので、この4校はそれよりキツイということですね。

◆◆◆
なお定員割れだったはずの西宮南。定員216名に対し第一志望出願205名。
合格者の掲示人数を調べに行きますと184名でした。定員割れとか言いながらも20名が第二志望にも落ちたのですね。
定員と合格掲示人数との差を整理すると、西宮北ー20名、今津ー17名、南ー32名、甲山ー60名です。この4校で合計マイナス129名。この4校の最終合格者数に定員割れはありませんでしたので少なくとも129名は確実によそから来たのですね。実際にはもっといたでしょう。
この4校定員736名に対し、第一志望出願者674名、合格掲示人数607名でした。
607÷736=約82% で、第二志望合格も含んでいるので、第一志望合格者はもっと低いですね。この4校は先の4校よりさらにキツイということです。 

◆◆◆
第二学区34校のうち11校分を載せますね。

高校名  定員  受験者  合格掲示人数 
市西   240   293    281
西宮東  240   308    287
県西   140   214    182
鳴尾   200   247    225
西宮北  216   218    196
今津   120   126    103
西宮南  216   204    184
甲山   184   124    124
尼崎小田 160   156    149
県尼   240   251    204
尼西   204   221    188   


◆◆内申点について 最近の話題
中3芸人の都立高校受験の記事で内申点の理不尽さが書かれています。
皆のコメント(書き込み)を見ておいたほうが良いですよ。兵庫県は東京よりも内申の比重が大きいのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ