上田ゼミ 西宮(維新塾) 塾長 ブログ

西宮(武庫川団地 近く)の学習塾 維新塾です。 小学生、中学生、高校生を対象とした、地域密着型の塾です。 電話0798-49-4119

ブログトップへ http://ishinjyuku-nishinomiya.blog.jp/最新のページに移動します。

西宮市上田中町12-25(バス道にある中華一番さんの2階3階です)  

Tel.(0798) 49-4119 (至急よい塾)

維新塾の詳しい説明(HP)へ http://ishinjuku.com/

維新塾の新しい(HP)へ http://ishinjuku.com/nishinomiya/

兵庫県の公立高校には、複数志願選抜で入る高校と単独選抜で入る高校があります。

その複数志願選抜には、制度の穴があったのです。

◆おさらい◆
単独選抜とは昔ながらの高校入試の方法で、受けたい高校を1つ決めて、そこを受験するというやり方です。一方、複数志願選抜では1回のテストで2つの高校の合否判定を受けられ、しかも2つのうち第一志望のほうの合否判定では第一志望加算点というのを貰えるという入試なのです。第一志望加算点は結構大きくて第二学区では20点貰えます。これは入試の40点分に相当するのですよ。(合否判定では入試の得点を半分にするので。)

普通科高校の3月実施の一般入試はすべて複数志願選抜になります。大多数が普通科高校に入るので、大多数が複数志願選抜を受けることになります。(工業や商業は単独選抜。)

複数志願選抜で第一志望、第二志望をどこの高校にするかを考えるときに、貰える20点をあてにして出願校を決めます。

そうして出願校を決めて、実際に出願して、新聞に発表される倍率を見て・・・・・・

ガチョーーン! めっちゃ倍率が高いやんっ!

となることは、あり得ます。そのとき、別の高校にしとけば良かったなんて後悔もするわけです。

それならということで、志願変更という手続きが用意されています。

しかし、複数志願選抜において第一志望加算点というものは、その高校に行きたいのだという生徒の強い思いをかなえてあげようという制度なので、倍率を見てから第一志望校を変更することは許してもらえないのです。キミはそこに行きたいと言ったじゃないか、だから加算点もあげることにしているのに、何をいまさら・・・・ということです。

ところで加算点は複数志願選抜での第一志望校だけに与えられます。単独選抜には関係ありません。よって第一志望校を複数志願選抜の高校から単独選抜の高校に志願変更するのは差し支えありません。単独選抜の高校から別の単独選抜の高校に志願変更するのもOK。単独選抜の高校から複数志願選抜の高校へ志願変更するときに制度上の問題があったのです

単独選抜の高校に出願したあとで、倍率を見てから複数志願選抜の高校に変更することが許されていたわけで、これを悪用する出願方法が生まれました。名付けて偵察出願。

◆偵察出願◆
実際には複数志願選抜の普通科に行きたいくせに、いったん単独選抜の工業高校に出願します。そして、倍率が新聞発表されたあとで複数志願選抜の倍率を見ながら手頃なところを選んで、かつ第一志望加算点も貰うという裏技のことを偵察出願というのです。

そんなことするヤツはいないでしょうが、制度上の穴になっているのでこれを是正しようという意見はずっとあったのです。

◆偵察出願は不可能に◆
で、突然ですが、次の入試(平成31年3月の入試)から改良すると昨日発表されました。

リンク先は教育委員会です。この書類の下線部でいうようなことができるのは、このあたりだと尼崎双星です。同じ高校の中に普通科と工業と商業を持っているので、この書類の下線部でいうような志願変更が可能になります。これができる高校は相当に限られてきますし、偵察目的の人がいたとしても他校を選べなくなったということです。なおこの変更のパターンでも第一志望加算点はもらえます。しかし、複数志願という名に反し、第二志望校の設定はできません。

ということで、つまり偵察出願は不可能になったということです。

しかしながら、これで次のような人が救えなくなりました。。。

ギリギリまで専門学科か普通科かを悩んで、専門学科に出願したものの、倍率を見てやっぱり普通科に変えたいと思った人たち、、、、

そんなの出願前に悩めよと切り捨てるのなら、ほかの志願変更についても同様に切り捨てないのはなぜだ?

言いたいことはまだある。改革初期にやっていた「その他校の選択」を切り捨てたのはなぜだ?








当塾は「暴風警報」発令時のみ休講です。

大雨・洪水などその他の警報発令のときは
塾は開いています。(事前の取り決め)

よって本日は通常通り開いていますが
お住まいの地区により各家庭で
塾に「行かせる」「行かせない」の判断をしてください。

出席した人だけで、復習中心の勉強をします。
大雨・洪水いずれかの警報発令時には授業は先には進みません。

◆◆
加筆:振替授業は実施しません。
なぜならば別日への振替は、来れる人、来れない人に分かれ、結局授業が進められないのです。よって大雨警報が出ても休講にせず、集まった人だけで復習中心の勉強会(個別対応)をしています。ただし教務の都合上、どうしても進まねばならないときは塾の指定した別日に(生徒に謝りながら)振替授業を実施することがあります。そういうイレギュラー対応以外では事前の取り決め通りです。それでもケアが必要な方は土曜日の午後3時30分以降に来てください。補習のために先生が待機しています。また個別指導の方は、スケジュールの折り合いがつけば別日に振替えることもあります。

暴風警報以外をなぜこのようなルールにしているのかというと、子供の預け先として塾を当てにしているご家庭もあるからです。

暴風警報は完全休講です。自習も認めません。振替もありません。
ケアの必要な人は土曜日の午後3時30分以降に来てください。

◆◆
武庫川の水位はこちら
(追記、15時10分現在で水位は下降に転じています。
 がまだ水防団の待機範囲内です。)

当塾の位置する地区は洪水時水位2mから3mです。
周辺の広範囲が同等です。
塾が危ないなら、そもそもそれぞれの自宅が危ないのです。
各家庭でご判断を。


夏期講習。

ネットで見ていると20万円だとか15万円だとか
びっくりするような値段を言われたと悲鳴が
飛びかっています。(特に大手個別指導の生徒さん)

この時期、面談という名の商談も盛んに行われていることでしょう。

いいなあ、儲かるんだろうなあ、とか思うのですが
普通の塾は、常識的な価格で講習を行いますのでご安心を。

年会費だとか設備費だとかもありませんし。

IMG_20180702_234424

本日、甲南女子中学の説明会でした。

そこで印象に残った言葉。

自立とは「依存先を増やすこと」

ん? んん?  ・・・・・・・ 、 おぉっ! 

本当にそうだなと思いました。

これは東大の先生のお言葉だそうです。
早速ネットで探しましたら見つけました。
私が伝聞でうだうだ書くよりリンク先を読んでください。

うちに問い合わせしてこられる方の7割が、模試の偏差値でいうと45未満です。

偏差値とは、平均点とどれぐらいずれているかを表すもので、偏差値45未満といえば最下層なのですが、それでも地元の学校では真ん中よりちょっと下あたりの成績になります。これが地元の保護者を油断させてしまいます。

何が言いたいかと言いますと、地元で平均点あたりだと学区内では実はけっこう危険なレベルであり、平均点が取れないということは、これは見過ごしてはいけない相当危険なレベルだということです。保護者が決断しなければ何の支援もないまま時が過ぎてゆきます。

◆◆
みなさん塾と言えば何やら難しいことを教えるところだと思っていらっしゃるでしょうが、このレベルの成績の人には中学生であっても、足し算や引き算の筆算からの指導になります。自己責任だということが理解できずに放置されてしまった人たちにとって、恐らく最後のチャンスだろうと思います。個別指導になります。年配の方にとって、なんで計算ぐらい親が教えないのだという疑問や批判があるかも知れませんが、現代の親は共働きがあたりまえで、子供と過ごす時間が減っているのです。(余談ですが、専業主婦の減少にリンクして塾業界は集団指導から個別指導へシフトしてきたのですよ。)学校にしても勉強以前のことを伝えるのに手いっぱい。黙って椅子に座らせるのにも一苦労。(地域差は相当ありますが。)


中3で数学0点だった人の記事をリンクしておきます。

リンク先で公立高校と書いてあるのは夜間でも通信でも多部制でもありません。
西宮の普通科高校です。

誰もがこのようにはなりません。

宿題をやってみようとしない、体が動かないなど
心が弱ってしまっている方には、また別のアプローチです。


こちらも相当消耗しますので、受け入れ人数に限度があります。

もちろん他に迷惑をかける状態の人は、入塾できません。

中1の保護者は期末テストの結果を注意深くみましょう。

そんな、維新塾の前回高校入試の結果です。

たとえば西宮東に行きたいなら、

内申点+当日点(半分)+加算点(20点)で

400点は欲しいです。

ところで去年の入試の当日テストで、すべての科目が平均点だったとすると

 英+数+国+理+社
=51.8+54.9+60.0+36.1+62.3
=265.1

これを半分にするので
 265.1÷2=132.55

西宮東に400点で合格するとして、そこから第一志望加算点の20点を引いて380点。

さらに当日点132.55を引いて 247.45点が内申点として必要な数値になります。

これって9科目オール5のパーフェクトを取れということですよ!
副科目にひとつでも4がつくと内申点は242.5点になりますし、主要科目にひとつだけ4があるとしても内申点は246点です。

つまり入試当日に平均点しか取れないのに、西宮東に行きたいというのなら中学の成績はパーフェクト(9科目オール5)が必要になるということです。まぁ、計算上はということですけどね。

だが待ってください!

あきらめないで!

現実は当日に平均点しか取れないような人は西宮東を目指さないので、当日もちゃんと点が取れますから、内申でパーフェクトなど必要ありません

◆◆実際の例①
当日351点、半分にして175.5点
内申238.5点
内申+当日+加算=238.5+175.5+20=434(東合格)

※ちなみにこの得点だと市西も合格です。

◆◆実際の例②
当日348点、半分にして174点
内申212点
内申+当日+加算=212+174+20=406(東合格)

◆◆実際の例③
当日397点、半分にして198.5点
内申185点
内申+当日+加算=185+198.5+20=403.5(東合格)


実例をご覧の通り、当日のテストで平均点より100点ほど余分に得点でき、さらに内申で200ほどあれば合格するということです。(H30.3)

内申200とは9科目オール4ということです。

実例③は内申点が185点なのでひやひやでしたが、実際の学力は十分でしたので当日なんとかするだろうという突撃受験でした。(この人の通う中学校は内申点が取りにくくて大変!)

なお内申点は非公開のため2学期の成績表に基づきましたので推定扱いでお願いします。
当日点は簡易開示による実データです。

まっ、みなさん地元の高校のことは地元の塾に聞いてください。
内申点と当日点の相関関係など、居住地により相当違ってきますし。

以上、何かの参考になれば。


本日、通常通り運営します。
運営中に震度6強以上の地震が来たら、生徒全員引きつれて強制的に武庫川団地2号棟(コープのはいっている棟)の2階に避難します。そこに学研さんがあるのですが、学研さんの外側にいます。自由行動は原則禁止。津波警報が出たらそのまま2号棟の上にあがります。24時間は頑張りますのでその間に迎えに来てください。
避難行動時専用モバイル電話番号は070-4312-4460(平常時は出ません)です。
※平常時は0798-49-4119におかけください。

震度について、それ未満のときは通常授業終了時間までは原則として塾内待機し、その後各自帰宅させますが、それまでに保護者から連絡があってしばらく子どもの待機をご希望される場合は塾で預かります。しかし、これも周囲の状況によります。火事なんか出たら大火になる危険性が高い土地なので。

◆◆◆
皆様、なかなかに大きな地震でしたね。
大阪の先生に話を伺うと、本棚のテキストが床に散らばっているとか、電車が止まって踏切が開かず通行止めだらけだとか、えらいことになっているようです。

うちは被害ゼロです。
外の道路は大渋滞でしたけどね!(15:10現在解消。流れています。)

IMG_20180618_144557

↑このページのトップヘ