上田ゼミ 西宮(維新塾) 塾長 ブログ

西宮(武庫川団地 近く)の学習塾 維新塾です。 小学生、中学生、高校生を対象とした、地域密着型の塾です。 電話0798-49-4119

ブログトップへ http://ishinjyuku-nishinomiya.blog.jp/最新のページに移動します。

鳴尾南中、高須中、浜甲子園中のエリアです。バス道にある100円ローソンの北50m。中華一番さんの2階3階。建物に塾の看板は出ていません。  

Tel.(0798) 49-4119 (至急よい塾)

維新塾の(HP)へ http://ishinjuku.com/nishinomiya/

維新塾は地元の小さな塾です。

学校が休校中は、塾のクラスを分割して少人数にしぼり
運営時間を普段の2倍に増やすことで何とか学習環境を
維持しています。

塾生だけに公開しているサイトにて空席での自習の予約も
できるようにしました。人数制限の都合で2席から4席しか
用意していないのですが毎日のように予約してくる生徒もいます。
(高3になる卒塾生も、家では集中できないとのことで
 維新塾を自習場所に利用したいと連絡してきたので受け入れ中)

授業のほうも順調に進んでおり、幸いすべての生徒が例年通りか、
またはそれ以上まで進むことが出来ています。

以下は中学クラス生の数学の例です。
(うちはクラス指導と個別指導のハイブリッドです)
新中1はほぼ全員が教科書の第一章正負の数は完了しています。
順調な生徒は第三章方程式まで突入しています。
中2は第二章の連立方程式の文章題の簡単なところまで完了、
中3は因数分解(すでに第二章平方根も80%完了)、
夏休みが大幅に少なくなるので、中3は前倒しで受験の理科もスタート
しました。

小学生は全員個別指導です。
新小6は一番遅い生徒で、あと5ページで小学校の算数は終了!
新小5は4年生からの在籍者は1学期分は完了しましたし
コロナ前にギリギリ入塾してきた新小5は、
これまでの弱点つぶしと小5の例年の5月の学習までは完了しました。

さて、これまで新規募集のご案内はしていませんでしたが、
これからは受け入れ可能です。
興味のある方はご連絡をお待ちしています。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今、ニュースで聞きました。

さて維新塾としては、とりあえず明日明後日(4月8日・4月9日)に予定されていたすべての授業を休講とします。それ以降については改めましてご案内を出しますのでお待ちください。

塾自体は開いていますので、用事がある人は電話してください。

(話題のweb授業には対応していますので、すぐにでもご案内できるのですが、この2日間で決めたく思います)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20200319_095358
上の写真は、発表を待つ皆さんです。2階にちょろっと見えている板が合格者の受検番号掲示板です。
午前10時になると、この板が壁面に掲げられます。それを一階から見上げるのです。
大きな字で印刷されているので、ちゃんと見えますよ。




IMG_20200319_104358

上の写真の学校では、地面に掲示板を並べて合格者番号を掲示していました。



◆◆◆

今年も第二学区の塾仲間で調べてきました。

(初めての方へ①)
兵庫県の公立高校入試で実施されている複数志願選抜とは、一度の試験で二つの高校の合否判定を受けられる制度です。出願のときには、第一志望校は〇〇高校、第二志望校は〇〇高校という具合に出願します。第一志望校の合否判定では20点加算して判定してくれますよ。

入試は第一志望校の校舎で受けます。合格発表も第一志望校の校舎で行われます。
自分の第一志望校の校舎に 複数志願選抜合格者 の受検番号が掲示されるのですが、この時点では自分が第一志望校に合格したのか第二志望校に合格したのかはわかりません。

近くにある特設コーナーまで封筒を受け取りに行き、その中の紙を見ると 合格校 が書いてあるのです。

(初めての方へ②)
今年、西宮南高校は定員216名に対し、第一志望での出願者は205名でした。
新聞では 定員216名 出願205名 倍率0.95 と発表されます。
倍率から見れば定員割れなので全員合格じゃん! とか思うのですがそうはなりません。

また地域トップ校である市立西宮では定員240名に対し第一志望での出願294名です。これだけ見ると、54人落ちるのね! とか思ってしまいます。

◆◆◆
実際に市立西宮の合格発表を調べに行きますと定員240名に対し281名ぶんの合格者番号が表示されています。定員240名、受験者294名に対し、合格掲示281名。つまり13人だけが漏れています。この13人は第二志望校を書かなかった人か、書いたけど第二志望校にも落ちた人ということです。
ところで、その13人よりも我々塾仲間が気にしているのは、定員240名に対し合格掲示281名、その差の「41名」という数字なのです。合格者のうち少なくともこの41名は他の高校(第二志望の高校)に合格していることになります。この人数を整理すると、市西41名、西宮東47名、県西42名、鳴尾25名 となるのですが、この合計155名は確実に他の高校での合格となります。この4校で合格掲示は975名ですから、そのうちの少なくとも155名は確実に第二志望校での合格ということです。これは合格者の約16%。逆にいえば84%が第一志望校での合格となります。この計算では,,,ですよ!

しかし市西の超過分41名が東や県西や鳴尾で合格しているとすれば、それらの高校の定員内にも第二志望合格者は多数いることになり、第一志望合格は84%よりは少なくなります。

公表された数字では第二学区全体では合格者のうち88.2%が第一志望合格となっているので、この4校はそれよりキツイということですね。

◆◆◆
なお定員割れだったはずの西宮南。定員216名に対し第一志望出願205名。
合格者の掲示人数を調べに行きますと184名でした。定員割れとか言いながらも20名が第二志望にも落ちたのですね。
定員と合格掲示人数との差を整理すると、西宮北ー20名、今津ー17名、南ー32名、甲山ー60名です。この4校で合計マイナス129名。この4校の最終合格者数に定員割れはありませんでしたので少なくとも129名は確実によそから来たのですね。実際にはもっといたでしょう。
この4校定員736名に対し、第一志望出願者674名、合格掲示人数607名でした。
607÷736=約82% で、第二志望合格も含んでいるので、第一志望合格者はもっと低いですね。この4校は先の4校よりさらにキツイということです。 

◆◆◆
第二学区34校のうち11校分を載せますね。

高校名  定員  受験者  合格掲示人数 
市西   240   293    281
西宮東  240   308    287
県西   140   214    182
鳴尾   200   247    225
西宮北  216   218    196
今津   120   126    103
西宮南  216   204    184
甲山   184   124    124
尼崎小田 160   156    149
県尼   240   251    204
尼西   204   221    188   


◆◆内申点について 最近の話題
中3芸人の都立高校受験の記事で内申点の理不尽さが書かれています。
皆のコメント(書き込み)を見ておいたほうが良いですよ。兵庫県は東京よりも内申の比重が大きいのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

休校中に弱点補強ということでしょうか。
小学生が増えてきました。

近隣では家庭学習の重要性に気付いていらっしゃらない方も多くあるようで、それは入塾前の学力診断からも見て取れますし、地域間での中学校の成績比較によってもわかります。

国からのアナウンス不足なのですが、現在の学校は「指導はしますが定着はご家庭でご自由に」というスタンスです。実際、ご自由に「不登校もOK!」「低学力もOK!」になってきているでしょう。

先生方は生徒の低学力が気になっても触れにくいのです。それは各家庭の選択の結果かもしれないですから。「うちはのびのびと育てたいので!」ということかな?なんて思ったりして。
※国家によつて権力的に規制.画一化されたお仕着せの教育を強制されない自由…教科書裁判から教育を考える より。こういう考え方もありますし。

しかし保護者達の中には学校が変化したことに気付いていないだけの方もおられるのです。保護者が通っていたころの学校はある程度の強制力をもって生徒に臨んでいたので、今も同じだろうと勘違いしている。保護者の時代は学校だけで何とかなったので今もそうだろうと。

いえいえ生徒は人権の塊で、しかも学校週休二日の時代なのに教える範囲はそんなに減っていないということで、量を減らしたのですよ。練習の。で、そこは家庭でやれということです。(これが学校ゆとり教育の正体ですね)

当然、発生する「格差」は学校としては許容するのです。居残り補習などご迷惑でしょう?と、そうそうやってはもらえません。(自分から質問できる子はちゃんと対応してもらえます。)

練習は家庭の管轄なのだと気づいた方が選択肢の一つとして塾の利用を検討されているということでしょう。別に私立中学を目指すわけでもない普通の小学生のみなさんが塾に通い出したということです。(地域によっては塾通いは常識なのですが。学校の先生の子どもだって塾にいっていますよ。)

◆◆小4(次の小5)では割り算が練習不足で「未完成!」だとか、かけ算も3ケタどうしは「未完成!」だとか、何でもないようなことでペケだらけになる子がそこそこいるようですよ。

小学生のうちから塾に来ていただけると、教えるほうも教わるほうも相当助かります。実際、中学以降の数学の実力は、小学生の時にどれだけ算数をやりこんだかで結構な差がつくのです。別に塾になんか行かなくてもいいのですが、今の時代に家庭学習をさせないという選択は致命傷になるかも・・・・ですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

西宮から感染者が出たそうですね。

維新塾の今後の予定をお知らせします。

◆3月3日以降も通常運営です。
不特定多数が集まる,,,,,,の真逆の塾ですので。(特定少数)

しかしながら、今後の状況次第では一時閉鎖や時間変更等はありえますので、ときどきこのブログを見てくださいね。

また、やっぱり子どもを外出させるのは控えたいという場合は、自主判断で欠席させてください。不利益を被らないように計らいます。(写真の通り本年9月末まで振替の消化期間を延長します)

1583128511834

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私立高校学費の実質無償化。兵庫県バージョン

年収590万円未満のご家庭には毎年40万8000円補助ですって!

3年間で122万円ですと? (昔に支払った人たちは残念無念ですね)

ちなみに家庭に振り込まれるのではありません。学校に振り込まれます。
40万8000円は上限なので、それより高い学校なら差額はご家庭が負担。
それより低い学校なら差額は国のもの。

法律なので、くわしくは下のリンク先(兵庫県HP)を熟読して下さい。
権利は平等ですが、利益は申請した人だけが得られます。
学校の事務局から説明があるでしょうから見逃さないように。
お知らせが子どものカバンの中に入りっぱなしだったとか残念なことにならないように。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


地域みらい留学 https://c-mirai.jp/

この制度を利用して、今年一名が滋賀県の公立高校を受験し合格しました。

おめでとう! 文化祭、見に行かせてねぇ!

さすが日本財団! 税金も使ってるのかな? 寮やらなんやら完備!


去年も尞がある兵庫県立大付属高校に進学した生徒がいますが、親元から離して育てる家庭の心意気は素晴らしいと思います! この生徒は週末ひまだと家に帰ってくるので塾に来てもらって寮生活のことを聞いたのですが、「困ることは何もない」とのこと。上級生にいじめられたりとかもまったくないのだと。

何か聞きたいことがあったらまた聞いておきますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あくまでもネット上の与太話として読んでください。
塾が書いているから本当の話だなんてことはありません。
ソースは言いません。ファクトチェックもしていません。

◆ ◆
神戸市では各中学内で通知表の5は学年の何%とかが決まっているのだとか。学力には神戸市内でも地域間格差があるので、5を取るための学力水準が地域によって相当異なるのですが、これが来年から学力実態に合わせて成績がつけられるように、学校内での縛りをはずすという噂です。

学力の地域間格差とは今年の西宮市の例でいえば、K中学で第三回実力テストで400点とっても校内上位40%、一方T中学だと同じ得点で校内上位3%になります。もし5は学年上位何%だとかが決まっているとK中学とT中学の生徒の通知簿の5が、いや4あたりのほうが影響が大きいかな? 実際の学力実態にあわないのです。(だから絶対評価に変わったはずなのですが)

実際、塾業界では「内申勝ち」やら「内申負け」という言い方があります。
内申勝ちとは、内申点で勝ってしまうので実力で負けていても合格することを言います。これはべつに構わないのですが、内申負けのほうがかわいそうなのです。実力は勝っているのに内申で負けてしまうことが多々あるのです。この場合、志望校をワンランク下げることになります。

そこで神戸市は学力実態にあわせて成績をつけられるように校内での縛りをなくす・・・という「噂」なのですが、本当かどうかは知りませんよ。でも実現すれば上位層については絶対評価に近づきますよね。本当の話ならTOP校の合格最低点が上がるのではないでしょうか。

◆ ◆ ◆
成績下位の人たちへの成績の付け方は、聞けば相当苦労しているようです。
1がついている人へ。勉強がどうこう言う前に学校行こうぜ!
2がついている人へ。勉強がどうこう言う前に約束守ろうぜ!
(個別の事情はあるのでしょうから強制しませんよ!)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ