上田ゼミ 西宮(維新塾) 塾長 ブログ

西宮(武庫川団地 近く)の学習塾 維新塾です。 小学生、中学生、高校生を対象とした、地域密着型の塾です。 電話0798-49-4119

ブログトップへ http://ishinjyuku-nishinomiya.blog.jp/最新のページに移動します。

西宮市上田中町12-25(バス道にある中華一番さんの2階3階です)  

Tel.(0798) 49-4119 (至急よい塾)

維新塾の詳しい説明(HP)へ http://ishinjuku.com/

維新塾の新しい(HP)へ http://ishinjuku.com/nishinomiya/

一学期の期末テスト日程
わかりました。

鳴尾南、高須、浜甲子園 →6月13日から
鳴尾          →6月18日から

テスト勉強3週間を見込んでいますので
5月21日(月)からテスト対策を開始します。
名付けて 期末ボンバー

通常時間割はリセットして、学校の提出物やらプリントやら
の勉強をします。技術とか音楽もつきあいます。

過去の自分より5科目でプラス80を目指しましょう!


塾生でないかたはこれを機会に
塾の体験入館をされてはいかがですか?
図書館で勉強する感覚で来ていただいたらOKです。

ただし電話してからきてくださいね。
0798-49-4119 です。覚え方(しきゅう、よいじゅく)です。
「〇〇中学の〇年生です。体験をお願いしたいのですが。」
でOK! (電話は午後3時から午後10時の間でお願いします)

こんな感じです。(写真)
IMG_20180309_182050
IMG_20180124_164439

3月から告知していますが

ゴールデンウィークは

4月29日(日)から5月6日(日)まで休館します。

なお お盆は

8月12日(日)から8月19日(日)まで休館です。

◆(ご説明)

授業料は毎月4週間で設定されています。
一年間で48週間です。

ところが本当の一年間は52週間なので4週間の調整週があります。
 
GWとお盆に調整週が当てられています。

◆月謝で損はさせていませんのでご安心を。

塾を考えている方 お早めに。

うちは新規中3生はあと3名ぐらいまでかな。
教室サイズから定員は最大18人と決まっているのですが、そのときの生徒の具合によって満員対応できないことが多々あるのです。

個別指導はまだまだ受け入れ可能ですが、現時点で5科目350点あるならよいのですが、300点を切るとか、ぎりぎり200点とかだったら早く来てください。

公立高校に行きたいんでしょ?

塾は万能ではありません!

お子さんも万能ではありません!

教わるほうも教えるほうも過ぎていく時間とのリアルな戦いをしているのです。


◆◆ 維新塾上田ゼミのお問い合わせはこちら

高須中、鳴尾南中の3年生が修学旅行に行ってきました。

ちゃんと雪もあったようで、楽しかったようです。

密封されたお菓子の袋が、スキー場ではパンパンに膨らむ現象も確かめたようです。

理科で学ぶ気圧が目で見てわかるという機会はそうそうありません。


◆さて、塾の今日この頃ですが、中学数学は全学年とも期末テストの範囲まで一回めが終わりました。

2周目に入っています。

こうやって余裕をつくって理社やら保体やら音楽やらのテスト勉強もやらせようという魂胆です。期末ボンバーというイベントとして3週間前から時間割をつぶして50時間以上のテスト勉強を塾内でやろうと計画しています。

◆◆皆さん、内申を甘く見過ぎていませんか?
提出物をいいかげんな状態で出したり、勉強もできないのに先生に反抗的な態度をしてみせるとか、(頭のいい人は誰とでもうまくつきあえるのですよ。)そんなことをしておいて、市西にいきたいとか東に行きたいとか、あなたアホですか?
通知簿で2や1がついている人は今までの人生を反省しなさい。
自分と向き合いましょう。
過去はチャラには出来ませんが、過去の意味を変えることは出来ます。

これからがこれまでを決める

塾に貼っている言葉です。

これから頑張ることで 過去を伝説に しましょう。


もうひとつ塾に貼っている言葉

やらない理由を探すな、いくらでも見つかる


お寺さんの掲示板みたいですね(笑)

まっ、何とかなるさ。 地味にやろうぜ!

中学クラス生の皆さんの数学の現在の進行状況はこんな感じです。


中1・・・・・正負の数4分の3程度終了、方程式4分の3程度終了、文字式は未着手

中2・・・・・多項式の加減終了、単項式の乗除終了、連立方程式終了

中3・・・・・多項式の乗法終了、因数分解ほぼ終了、平方根は未着手


まあ、「ふーん、こうやるのね」程度の理解でとどめているのですけどね。

教科書に出ている問題で上記のところはいったん全部解かせました。

これから2周めに入ります。当然学校でもやるので期末テストまでに相当演習量が確保できそうです。



◆◆

思考力が大切だとかなんとか言われだしてから、学校で計算など作業の習得にかける時間が極端に少なくなっているので、家庭か塾のどちらかで補わないと練習量不足に陥ります。

 

計算がちゃっちゃと出来る子どもに育てておかないと、ほかの作業全般も嫌がる子どもになりがちです。

 

増えていますよ。

問題を前にしてずーっと考えているのだけど、なんの作業もやらない子どもたち。

 

頭の中で考えてわかる程度のことにしか取り組んだことがないので、少しずつ作業するということが身についていません。
「まずここの数字を計算しておこう」「あそこの数字はとりあえず計算で出る」

 

考えて答えを出すには違いないのですが、頭の中だけで終わらせようとするのは限界があるでしょうに。


身につけるべきは、思考力よりさきに作業力なのです。


むしろ思考は作業から逃げる言い訳になっていませんか?


「今考えてるねん」


そう言っているお子様のノートは真っ白ではありませんか。

 

紙に図を描いて、数字を書き込んで、言葉でメモし、出せそうなところを計算し・・・・・などなど全然やっていないのでは?


頭の中だけでやっているうちは、頭の限界を超えられません。
自分で紙と鉛筆を使って考えられるようになって、初めて頭の限界を超えられるのです。

下手の考え休むに似たり・・・・なんて昔の人に言われないように注意しておきましょう。

ある日、塾生の兄で大学生の方から問い合わせがありました。


ある資格の国家試験を受けたいので、勉強の仕方から教えて欲しいのだと。


じゃあおいでよということで勉強会が始まりました。

期限と分量の関係から、 60%を100%やろう を合言葉にスタートしたのですが、まあ真面目にやることやること。


いつも子ども達に勉強をさせていると

ちゃんとやろ! 

さっさとやろ!

なんて声がけをせねば動き出さないヤツがいるものですが、さすがは大人。

質問も真剣だし、こちらも時間を忘れて協力させていただきました。


その彼から朗報が来ました。


無事合格しましたって!

(サイトで見ると合格率30.2%でした)

有難うございましたとお礼を言われましたが、いえいえこちらこそ楽しい時間を過ごさせてもらいましたよ。

( これって先月のことです。 )

◆ 

さて、 60%を100%やろう という合言葉ですが

中学生の勉強でも同様なのです。

みなさん100%を100%やろうとして 自爆 します。

そんな勉強は暇なときにやりましょう。

無期限の勉強なら完璧を目指すのもよいでしょうが、期限に間に合わせないといけない勉強をやっているのに、そんな悠長なことやっていられません。

趣味で勉強しているのではないのです。

何らかの関門を通り抜けることが目的なのですから、合格点が取れればそれで良しという割りきりが必要です。


とりあえず合格点に達してから、 暇なときに いろいろと研究するのはもちろん大切なことです。


◆◆

「わからへん」 とか言って、勉強をやらない皆さん。

本当は1%ぐらいはわかるでしょうに。

すべてを理解することはできなくても、少しでもわかる部分から手をつけましょう。



スタート時に 「何も知らない」 のはあたりまえです。

やってりゃ、わかって来るって。 

だから  や り は じ め よ う ぜ!

なにを どれぐらい どのように いつまでに  は、こちらが段取りするからさ。

お母さん
「塾に自習に来たら、昔のわからないところを教えてもらえますか」


「教える必要があればやりますよ。ちょっとの世話ですむ場合はいつでもOKですが、がっつりと教えてほしいというなら有料の単発個別指導をとってください。」

お母さん
「お願いしようかしら」


「いえいえ。もったいないですよ。自分でやらせましょう。教えてもらわないと出来ないという前提を捨てましょう。たぶんやっていないからわからないのだと思いますよ。わからないからやれないというなら、それは逃げに入っているのです。
環境だけ与えて放置してみましょう。」

・・・・・・・というやりとりが結構あります。



◆◆

「教えてもらわないと出来ない」 

というのは気分の問題です。


自分の趣味のことを考えてください。

はじめから誰かに習いましたか?


自分で本を読んだりネットを見たりして

だいたいのところまでは

一人で学べたはずです。


勉強も同じですよ。


最近、近隣の生徒たちは ただやればいいだけの科目すら

「わからへん」 とか言って、やろうとしません。 


親も 「先生に教えてもらえ」 なんて言ってしまいます。




自分でやるという選択肢を思い出させて上げましょう。

「調べろ」 と。

いやな顔をされるかもしれませんがね。



塾では苦手つぶしの自習は基本的にこのスタンスです。

ただし調べるのにコツがあります。


嫌いな科目をやるときは気分的にイヤイヤなので

教科書や参考書で調べながらやると気絶します。


解答集から学びましょう。


教科書はあとまわしです。




◆◆◆

そこまでやったうえでもまだ困っているときが私たちの出番なのです。

って、そんなこと言ってたら儲からないじゃないか!
うちの塾、大丈夫? こんなのでいいの?

やっぱり個別指導をとってください・・・・・。

うーむ。


さあ春休みです。時間に余裕がありますので
朝から強制自習です。(指名しました。)

自分でやると、間違いなく伸びます。

教えられなくても出来ることはたくさんあるでしょう。

授業で伸びないのは自習が足りないからなのです。
同じ授業を受けているのに成績の差が生じるのは
自習をやるかやらないかの違いですよ。
才能とか能力とかの問題ではありません。

この写真の生徒も、今日の自習で問題点が解決できました。

IMG_20180327_123439

↑このページのトップヘ