上田ゼミ 西宮(維新塾) 塾長 ブログ

西宮(武庫川団地 近く)の学習塾 維新塾です。 小学生、中学生、高校生を対象とした、地域密着型の塾です。 電話0798-49-4119

ブログトップへ http://ishinjyuku-nishinomiya.blog.jp/最新のページに移動します。

西宮市上田中町12-25(バス道にある中華一番さんの2階3階です)  

Tel.(0798) 49-4119 (至急よい塾)

維新塾の詳しい説明(HP)へ http://ishinjuku.com/

維新塾の新しい(HP)へ http://ishinjuku.com/nishinomiya/

尼崎、伊丹、川西、宝塚、三田 の塾の先生、 公立高校の先生、 私立高校の先生
たちの会合がありましたので、出席してきました。

話題になったのが、中学の地域間格差のことです。

要するにある中学の通知簿と、別の中学の通知簿では評価基準がまったく違うのですね。
模試で偏差値50程度のとき、学力下位地域の学校の生徒は5がもらえるけど、学力上位地域の
学校の生徒は3になってしまうという問題です。

たとえば数学が5と3では入試当日のテストで16点分の差になるのですが、
そんなものを内申点として高校入試の合否判定に使うだなんて、不公平極まりないじゃないですか。

西宮の中では、例年第3回実力テストが統一問題で実施されますので、およそのデータは
各中学で共有されていたでしょうし、市で調整もされていたことと思います。

しかし今度の学区では、異なる自治体間での通知簿の整合性を問われるのです。

今日は伊丹市の実力テスト問題と西宮市の実力テスト問題を見比べましたが、
問題は違っていました。時間の都合上、私は中座しましたが、そのあと尼崎の問題と見比べて
もらっています。これも違っていたとして、いったいどんなアイデアで整合性をはかるのでしょうか。


また、こんな話題もありました。

中学での予備面談がはじまっている地域からの情報ですが、
進路指導で超安全策を推してくるという話題が出ました。
実力よりかなり下の高校を提案してくるのだとか。

お金の問題もからみ、公立高校以外の選択肢がないという生徒も増えているところに
学区再編で高校の難易度が変化するので、安全策として実力より大幅に下の高校を
提案されるそうです。

また公立高校の先生は、定員割れをおそれていました。「その他校」という出願ができなくなったので
どこかの高校に受験生が偏ったら、50~60人規模の定員割れをする高校が出るのではないか
ということでした。

中学・高校・塾・・・・・みんな困惑しながらも、ベターな道を探っています。
(最近、文科省からも塾の業界団体(公益法人があります)にあれこれと接触が増えてきた
 そうです。)





13日から中2の体験入塾が1名来られています。
(これで移転記念キャンペーンの5名は埋まるのではないでしょうか。)


いやぁ、この学年は、小学校のときにいた生徒さんが私立中学に合格したりして

在籍塾生が少ないので、口コミも広がらず生徒が増えなくて寂しかったのですよ。

中2、大歓迎ですよ。 

中1・中3の個別指導も大歓迎ですよ。

中1のクラス指導はほぼ満席です。科目により変則的に空きがありますが、あと1名程度が限界ですね。

これについてはお問い合わせ下さい。


※ 中1については、個別指導の生徒さんが学力をつけて、クラスに参加できるようになったら
  クラスの増設を考えます。

※ 時事問題: 欧州の彗星探査機の名前=ロゼッタ
          彗星着陸機の名前=フィラエ(地面に固定するのは失敗したそうです)
          彗星の名前=チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

   チュリュモフ・ゲラシメンコ  って・・・・・こんなの出たらやだなぁ。
   
   ノーベル賞のマララ・ユスフザイさんは出るでしょうねぇ。



某先生(男性)がご結婚されますっっ!

いやぁ、おめでとうございます。

もうずいぶん前から、「そのうちに、そのうちに・・・」と言ってましたが

ついにですね。

私の時代は「年貢の納め時」とか言いましたが、今は何ていうのでしょうか?

今度、本人に聞いときます。 国語の担当ですし。

このブログでだけ告知していたのですが、
実は教室移転記念で入塾キャンペーンをやっています。

先着5名様、入塾金0円キャンペーンです。

現在、中1が1名入塾されまして、中1が3名体験受講中です。
この3名が入塾されましたら、あと1枠になります。
(小6の生徒さんが友達1名入塾希望と伝えてきていますが、まだ連絡はありません。)


2学期の期末テストが近づいてきました。
塾の生徒さんには社会の時事問題例の配付をはじめました。

川内原発の読み方って、絶対出ると思いませんか?



先日某地域の公立中の校長先生と一緒に町の掃除をしながら雑談する機会がありました。

    私 「来年からの学区再編、どんな感じですか?」

校長先生 「あんまり影響はないねぇ。今回はまめに志望校調査をしているけど
       例年通りの調子でしたよ。」

    私 「委員会の資料によれば10%ぐらいが越境希望みたいですけど」

校長先生 「TOP高校を狙える層の越境はあるようですねぇ」

    私 「各地域での内申点の格差問題はどうするんでしょうかね」

校長先生 「中学の内申を高校に信用してもらうしかないんですけどね」

    私 「私は塾業界の人間なのですが、昔、各中学に係数があって
       たとえばA中学の内申点には0.9をかけるとか・・・そんな話しを聞きましたが。」

校長先生 「私もこんな経験があります。入試後、高校の先生から報告を兼ねて
       学校訪問があるのですが、その席で『貴中学は今年は内申点が実態に
       追いついてきましたね』と言われたことがあります。」

    私 「私の勤務地では中3の第3回実力テストの問題を各中学でそろえていて
       地域間格差のデータをとっているようですが。」

校長先生 「・・・・・・」

と、いうことでオフレコです。 (スミマセン)

このあと、このあたりのゴミは全部中学校の生徒がやらかしたとか言われませんか?
など、話題は学校への苦情電話の話しになり教頭先生もまじえてとても盛り上がりました!



遅ればせながら、兵庫県公立高校入試の学校別志望者数の
調査結果を貼っておきます。

http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/kisya26/2609/2609294.pdf

地元のデータは8ページめからです。

県西、大人気ですねぇ。

なお3ページめによれば、今の学区を越境しての進学希望は

10人に1人ぐらいいるんですって! 

学区統合、需要がこんなにあったのね。

数字を見ると、伊丹・宝塚からは人材流出なのでしょうか。

教室を移転して1ヶ月が過ぎました。

まだ看板も上げていません。チラシもまいていません・・・・・。

が、実は入塾キャンペーンをやっています。

先着5名様、入塾金0円キャンペーンです!!
(いま新規で中1が1名、小6が1名の計2名の生徒さんが入塾検討中です。
 このキャンペーンはどこにも発表していませんが先着5名に入れば適用します。)

看板も出ないしチラシもまかない・・・・何やら秘密結社みたいですが
ふつうの学習塾です。入塾生募集中ですので、いつでもご連絡下さいね。
体験受講可能です。

電話 49-4119(シキュウ、ヨイジュク) 午後3時から10時まで(日曜は休み)

メールはリンク先の維新塾HPにお問い合わせ欄がありますので、そこからどうぞ!


↑このページのトップヘ