当塾はときどきしかチラシをまかないし看板も出していないので、まるで秘密結社のようです。その実態は、知っている人に聞くかブログを見るしかないということになります。

さてチラシでよく見る「〇〇点上がりました!」という宣伝文句。

これを見て、親が我が子の「得点」だけに目を向けてしまいがちになることに「待った」をかけたくて、この記事を書きます。

◆ ◆
下の写真はある中学1年生の数学の得点の推移です。

得点はほとんど変化しません。
52点 → 55点 → 61点 → 60点 です。

だけどグラフを見ると成績は上昇中ですね。

IMG_20181017_181407

この生徒は中1の一学期での入塾で、まず小学校のすべての計算をやり直しました。
今は方程式のやや複雑なものを練習中です。
最初の成績がひどいので、まだまだ知識の穴だらけでしょうから、このあとまた成績は下がる可能性大ですが、そうやって上がったり下がったりして学力をつけていくのです。


もう一度書きます。
平均点や難易度が変化するテストで、得点だけを見るのは危険ですよ。
お母さんがオロオロしたり切れたらダメですよ。
「あんた何してんのん(怒)」
って、いえいえ、お母さん。
違いますって。


◆ ◆ ◆
得点だけではよくわからないということで開発されたのが偏差値というものですが、これまた知らない人にはよく伝わらないので、結局写真のように自分のポジションを「目で見る」のがわかりやすいのですね。



うちは本当に様々な生徒がいて、現役で大阪大学に合格するような生徒やら、中学生なのに足し算引き算があやしい生徒までいます。

現状をどうにかしたいなら一度お電話ください。