昨日、いわゆる一流企業の2年め社員さん3人を私の自動車に乗せる機会がありました。その3人は翌日、社内のテストがあるようで後部座席でテスト勉強をしていました。

その会話から
「えーと、それの答えはイでしょ? でも一度間違えてちゃんと答えを読んだほうがいいかも知れない。」
「そやなぁ。解説見とこか。」

さすが、いまどき! webで勉強しているのでしょうか。
正解を知っていても敢えて間違いを入力し、出てくる解説を見ようということかなと聞いていて思いました。楽しそうに勉強していましたよ。

■かしこさんは答えを積極的に読みます。
 
勉強の途中で、ペケがつくということを気にしない。
そんなことより曖昧なままマルがついてしまうことを恐れるのですね。

成績の良くない人は。ぜひマネをしましょう。
①テスト勉強をやるときは自分でやり遂げることにこだわらない!
②自分で解いたマルのかずにこだわらない!
③さっさと解答を読む!(解答を写すのではありませんよ)

何かで調べるとかではなく、解答を読むのですよ!
解答を読んでもわからないときに教科書や参考書を読むのです。

「見る」のではなく「読む」のですよ。

テスト勉強中はマルよりペケのほうが有難いのですよ。
それは解答を読み込むきっかけを得たのですから。

勉強中のマルより、テスト本番でのマルにこだわろう!