こないだ企業系の塾さんのホームページを見ていたら入塾の目安というのが書いてありました。中学のテストで1科目40点以上ですって! オーマイガーッ! かっけー さすが会社!

うちは上はオール5の子から、下は下手したら1を取ってくる子まで学習支援をしています。テストで100点を取らせようと頑張りつつ一方で9点とか取ってくるような子をも何とか40点を取らせようと戦っているのです。

別の日。2月の勝者というマンガを見ていたら中学入試で小6の保護者から塾がむしり取るお金は年間130万円ですって! オーマイガーッ! すげえ さすが会社!

うちは東大に行くような子から文字を満足に読まない子まで中学入試の応援をしています。中学入試では小3ぐらいから準備するのが普通ですが、うちは小6になってからの中学入試も応援します。130万円なんて請求しませんよ。ご安心を。

40点取れないとかを理由に断りはしません。 たーだーしー

塾に入ったら過去がチャラになるわけではありませんよ。今までちゃんと勉強してきた人たちの努力と犠牲を軽く考えてはいけませんよ。点数が取れないときは文科省の元大臣が言ったように身の丈に合った受験をまず考えるのです。現在の自分の成績を見て分をわきまえること。

今どき学校や塾に行くのは当たり前であってそれ以外の自分の時間を使って勉強しないと駄目でしょう。

40点が取れないキミ!
自分の時間を使って何か調べたことある?
わからないからやれない?
わからないからやるのだ。

塾に貼ってある標語です

「やらない理由をさがすな いくらでも見つかる」

もうひとつ

「これからがこれまでを決める」

さらに

「完璧より前進」


あっ ところでうちも株式会社なのですよ。