徒然草に高名の木登りというお話があります。

木登り上手の有名人が別の人に木登りをさせているときのお話。

木登りしている人が高くて危ないところにいるときは何にも言わず、高いところから降りてきて地面まであと少しというところで名人が一言「気をつけて」と声をかけるのです。「なんで今ごろ?」と聞き返されて曰く、「高いところは誰でも気をつけるからね。大丈夫そうに見えるところでこそ失敗は起きやすいのですよ

ほんとに、そうですよね。簡単な問題こそミスするのはまさにこれですね。

ちなみに安全衛生の世界では「1メートルは一命取る」とだじゃれで啓蒙するそうです。